食中毒注意報 13号発令のお知らせ

食中毒注意報第13号の発令のお知らせ


 本日、食中毒注意報第13号が発令されましたのでお知らせします。
 食中毒菌の一つに黄色ブドウ球菌があります。 黄色ブドウ球菌は、人に常在する菌で、傷口等がある人等から食品に感染して、食中毒を起こす可能性があります。
 黄色ブドウ球菌の産生する毒素(エンテロトキシン)は耐熱性であり、加熱しても分解されません。
 しかし、常在菌なので過敏に反応するのではなく、手洗いを確実に行うようにしましょう。

 食品・生活衛生課では、食品衛生に関する情報提供、注意喚起を行うため、大分県食品・生活衛生課facebookページを開設していますのでご覧ください。

  食中毒注意報13号 へのリンク
  

  この件の詳細は、県にお問い合わせください。


 問い合わせ先
 食品・生活衛生課 食品衛生班
  電話 097-506-3058
  FAX 097-506-1743