住宅宿泊事業法について

「住宅宿泊事業法」が今年の6月から施行されます


増え続ける観光客の宿泊を目的にした民泊について、住宅宿泊業を営む者の届出と住宅宿泊管理業と仲介業を営む者の登録を制度化した「住宅宿泊事業法」が6月15日から施行されます。
今後、届出等の手続きがされていない民泊については違法民泊として行政が対応します。
こうした住宅での宿泊を検討している消費者の皆様にお知らせするのは、旅館業法とは違って衛生対策等の規制も厳しくありませんので、安全安心な宿泊ができる旅館・ホテルをお勧めします。


住宅宿泊事業法説明資料 へのリンク